ストレッチでは背中、肩、腕をほぐすことが重要です。腕を使って、反対側の腕、肩、背中を伸ばしましょう。あおむけになり、脚は伸ばす。片方の腕は、ひじを曲げて体の横に置き、他方の腕は、胸の前にまっすぐ横におく。腕の前の腕のひじあたりを片方の手で押さえる。3秒かけて口から息を吐きながら腕を胸に引きつけ、7秒間そのままにしたら、鼻から息を吸いながらゆっくりと戻す。反対側の腕も同様に行いましょう。

  <腕を出来るだけ胸に引きつける>

  ○3秒かけて伸ばして、7秒間保つ×左右それぞれ1回

 次に、二の腕~わき腹をほぐしましょう。手を頭の上で組んで伸ばし 二の腕からわきをストレッチしよう。あおむけになり、腕と脚を自然に伸ばす。次に手を頭の上で組み、3秒かけて口から息を吐きながら、上にグーと伸ばす。その状態で7秒間そのままにしたら、鼻から息を吸いながらゆっくりと戻す。

  <腕は床から浮かさない様に>

  ○3秒かけて伸ばして、7秒間そのままに×1回

その次は、二の腕をほぐします。腕を片方ずつ頭の重みを使って伸ばしましょう。あおむけになり、片方の腕のひじを曲げ、その手を後頭部の下に入れる。もう一方の腕は、体の横に自然におく。あごを上げて、頭の重みを使い、二の腕を伸ばして10秒間そのままにする。もう一方の腕も同様に行う。

  <ひじは床から浮かせない>

  ○10秒保つ×左右各1回

  最後に前腕の内側をほぐします。 片手でサポートして手のひらをそらせてSTRETCHします。あおむけになり、両腕を上に上げ、片方の手のひらを上に向け、他の手で、上に向けた手の指を全体に押さえる。3秒かけて口から息を吐きながら、手のひらをそらせ、もう一方の手でそれをサポートするように引っ張る。この状態で7秒間保ち、鼻から息を吸いながらゆっくりと戻す。

  反対側のの腕も同様にSTRETCHする。

  <手のひらをそらせる腕は伸ばしておく>

  ○3秒かけて伸ばし7秒保つ・・・左右各一回

体幹のインナーを鍛えるには、こういった全身のストレッチが重要です。必ず行いましょう。